俳優・女優

【画像】主浜はるみ若い頃が美人!18歳デビューでTBCのCMやドラマに出演多数

女優のしゅはまはるみさんは、2018年の映画「カメラを止めるな」の監督の妻役が評判でになりました。

「おばちゃん」役がぴったりハマりますが、45歳の現在も鈴木京香似の美人と評判。

若い頃もすごかったので、旧芸名「主浜はるみ」「夕真緒」時代に出演した作品をご紹介します。

スポンサードリンク



しゅはまはるみの現在が美人

しゅはまはるみさんは、1974年9月29日生まれの現在45歳

2018年の映画「カメラを止めるな」の監督の妻役で話題になりました。

「スカっとジャパン」の振り切れた演技も人気ですね。

2019年末には朝ドラ「スカーレット」に八郎の姉役で出演し、ネットで歓喜の声があがりました。

「家政婦のミタゾノ」では、2019年第3シリーズと2020年第4シリーズで、噂好きな家政婦、式根志摩 役でレギュラー出演。

おばちゃん丸出しの役がぴったりハマりますが、実は美人と評判の女優さん。

最近では、ライザップのCMで14.7キロ減の美ボディーを披露し、世間を驚かせています。

「カメ止め」の頃と比べるとお顔まで別人のよう。

子供の頃にバレエや新体操の経験があり、身体能力の良さがわかる見事なジャンプ。

2020年6月30日には電子書籍が発売され、美人度が止まらないといった感じです。

アマゾンのレビューで高評価。

↓楽天市場で「立ち読み」できます。

しゅはまはるみ オンナを止めるな!【電子書籍】[ しゅはまはるみ ]

想像以上に攻めていて、女性から見ても美しいと思いました。

45歳の現在も年齢を感じさせないですし、若い頃も美人なのでご紹介します。

しゅはまはるみ若い頃のプロフィール

高校生時代に旧芸名「夕真緒」でデビュー

しゅはまはるみさんは学生時代、家でマンガを読んでいるようなインドア派でした。

15歳の時、親にすすめられJAC(ジャパンアクションクラブ)入り。

千葉真一さんに気に入られ、「真」の一文字をもらい「夕真緒」の芸名で活動します。

デビュー作は、1992年のテレビドラマ「徳川無頼帳」第20話。

当時18歳の高校生で、かわいらしさもありますが大人びた感じもします。

アクション系があまり得意でなかったのもあり、高校卒業後にフェイドアウトするようにJACを退所したそうです。

19歳から「主浜はるみ」として活動

しゅはまはるみさんはJAC退所後もお芝居が好きで、19歳でオーディションを受けます。

舞台に出演し「主浜はるみ」として活動

20代前半に東京乾電池に所属し、舞台やテレビCM、ドラマにも出演します。

1998年、24歳で結婚のため一時引退するも、結婚までに5年間がたち、次第に女優の仕事に思いが募ったようです。

2002年に女優に復帰し、所属事務所「イーピン企画」が主催するミステリーイベントや小劇場の舞台に出演。

2007年頃に33歳で離婚し、現在は独身です。

こちらは「イーピン企画」のHPの写真。

20代後半から40代前半まで長く所属していて、時期がわかりませんが、美人ですね。

2016年頃、芸名を「主浜はるみ」から、「しゅはまはるみ」に改名

2018年頃からは「エイベックス・マネジメント」に所属しています。

スポンサードリンク



主浜はるみはTBCナオミ役ほかCMに出演

しゅはまはるみさんは若い頃からCMに出演しているので、一部をご紹介します。

まずは、インパクトのあったTBCのCMから。

1997年/CM「TBC」変身前のナオミ役が印象的

若い女性がエステに行くと、スーパーモデルのナオミキャンベルさんに変身する、TBCのCM。

かなり突飛な設定だったので、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

ナオミキャンベルさんに変身する前の「ナオミ」役が、当時22~23歳の主浜はるみさんです。

変身前の主浜はるみさんも美人ですし、足の筋肉がきれいでスタイルのよさを感じますね。

1997年/CM「キリン 一番搾り」部下役がナチュラル

歌手・沢田研二さんが課長になる「沢田課長編」。

「バンドやりませんか?」と声をかけるのが、部下役の主浜はるみさんです。

自然体の美人さんですね。

2012年/CM「NTT東日本 フレッツ」格闘家役が女性らしい

こちらはわりと最近かもしれませんが、37歳頃です。

格闘家役見た目はたくましいですが、「ちゃんと接続しているのかしら」と女性らしい話し方です。

ドラマ・映画にも出演

1997年/ドラマ 世にも奇妙な物語 「完全治療法」看護師役

1997年3月31日、フジテレビで放送された「世にも奇妙な物語 春の特別編」。

しゅはまはるみさんは、看護師役で出演

「完全治療法」は武田真治さん主演の人気作で、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

主人公のミュージシャンが、末期がんの治療法ができるまで人工冬眠をし、20年後に目覚めるとクローンから内臓を移植する治療法が確立。

実は、自分もそのクローンの一人だった…という、ショッキングな話でした。

無表情の医師と看護師、無機質な病室が、怖さを演出していました。

1997年/ドラマ「成田離婚」にレギュラー出演

1997年10月~12月のフジテレビドラマ「成田離婚」は、草彅剛さん、瀬戸朝香さん主演の人気作品でした。

しゅはまはるみさんは脇役でしたが、1話から10話の全回にレギュラー出演しています。

1998年/映画『ラブ&ポップ』の美人店員

主浜はるみさんは、デパートの宝石売り場の店員イシオカ役で出演

主人公・裕美が援助交際に進んでいくきっかけになった「トパーズの指輪」と出会うシーンに登場します。

デパートの宝石売り場の店員という役柄もあって、キリっとした正統派美人ですね。

 

若い頃はテレビの仕事は苦手だったそうですが、最近は「スカっとジャパン」や「スカーレット」にも出演しています。

明るい雰囲気の方なので、バラエティ番組も似合うのではないでしょうか。

これからも、しゅはまはるみさんから目が離せませんね。

【画像】しゅはまはるみが痩せて鈴木京香にそっくりすぎる!ライザップのCM、2020年最新版で、美女の激変した姿が話題になっています。 この女性は映画「カメラを止めるな」など数々の作品に出...
スポンサードリンク