俳優・女優

【画像】中村倫也の若い頃がイケメン!高校時代のデビュー当時から演技と声がいい!

俳優の中村倫也さんは、最近ではテレビドラマに欠かせない存在ですね。

現在33歳ですが、デビュー当時は高校生でした。

今回は、中村倫也さんの10代~20代前半の、若い頃の画像をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク



中村倫也のデビュー当時は高校時代

中村倫也さんは、プロサッカー選手を目指して、国士舘高校に入学しています。

ところが1年生の夏に、勝負だけにこだわるサッカーがいやになり、辞めてしまいました。

そのころ所属事務所のトップコートからスカウトされ、芸能活動をはじめます。

デビュー当時は、本名の中村友也(なかむらともや)が芸名でした。

2005年8月公開/映画『7人の弔』

中村倫也さんのデビュー作は、2005年8月公開映画七人の弔」

渡辺いっけいさん(河原功一 役)の子供、河原潤平 役で出演。

公開時には高校を卒業していますが、高校3年生だった2004年夏に撮影をしています。

17歳の姿ということですね。

メイキングを見ると、かわいらしさはありますが、すでに現在の雰囲気はありますね。


「7人の弔い」はダンカンさんが監督で、「児童虐待された子供たちの臓器売買」という重い内容ながら、笑いもある作品になっています。

デビュー作でなかなか難しそうな役だと思いますが、初めてとは思えないくらいしっかり演技していますよね。

そして、デビュー当時からすでに声がいいですね。

2005年1月/ドラマ『H2 〜君といた日々〜』

作品として世に出たのは、2005年1月放送のこのドラマが早いですね。

中村倫也さんは島オサム 役で出演。

放送当時は、卒業間近の高校3年生でした。

あだち充原作、山田孝之さん、石原さとみさん主演で、野球をベースにしたドラマ。

運動神経抜群の中村倫也さんなので、この役がぴったりですね。

スポンサードリンク



中村倫也が若い頃に出演した作品

デビュー当時から、イケメンで演技力も高かった、中村倫也さん。

どの役にも馴染みすぎてしまうので、世の中から気づかれていなかった可能性もありますね。

もしかしたら、あなたも昔、知らずに見ていた作品かも?

2005年10月/NHK朝ドラ『風のハルカ』

神崎由起夫 役で出演。

当時、18歳でした。

2006年1月/ドラマ『神はサイコロを振らない』

甲斐航星 役で出演。

当時、19歳でした。

2009年/NHK大河ドラマ『天地人』

豊臣秀頼 役で出演。

当時、21~22歳です。

2009年1月/ドラマ『ヤンキー君とメガネちゃん』

松山啓介 役で出演。

当時、21~22歳です。

2009年/映画『沈まぬ太陽』

平松優哉 役で出演。

当時21~22歳頃です。

ネットの声です。

中村倫也さんは、高校生でデビューして以来、話題作にも多数出演していますね。

あまりに演技が上手くて、どんな役にも馴染んでいたので、中村倫也さんと気づかれない時期が長かったのかもしれないですね。

ますます、これからの活躍が楽しみですですね。

【動画】中村倫也のピアノ上達がすごい!電子ピアノのメーカーと型番はこれ!俳優の中村倫也さんが、おうち動画を配信していますね。 ピアノの練習風景を日々更新していますが、上達具合がすごいことになっています。...
中村倫也が宇多田ヒカルから聞いたピアノ練習法!的確なアドバイスの内容は?ドラマ「美食探偵」つながりで、宇多田ヒカルさんのインスタライブに出演した、中村倫也さん。 中村倫也さんは最近、ピアノの練習を始めて...
スポンサードリンク