ドラマ

【ナギサさん】医者/肥後先生役の宮尾俊太郎はバレエ王子!ドラマ映画CMのイケメン画像!

「私の家政婦ナギサさん」で、メイ(多部未華子さん)の営業先、肥後すこやかクリニック

肥後菊之助先生は、患者さんファーストの心優しい医者です。

今回は、心も見た目もイケメンな医者・肥後先生役の宮尾俊太郎さんをご紹介します。

スポンサードリンク



【ナギサさん】医者役は宮尾俊太郎

メイの営業先、肥後すこやかクリニックの「若先生」と呼ばれる、肥後菊之助先生。

肥後先生はメイの話に耳を傾け、ライバル会社の薬と患者さんによって使い分けることを約束。

患者さんファーストですね。

ですが、メイが間違ってマッチングアプリでLIKEを送ってしまったことから、肥後先生が恋愛模様に参戦。

真面目な医者役からすっかりキャラ変です。

そんなイケメンの医者役は、宮尾俊太郎さん。

名前:宮尾俊太郎(みやお しゅんたろう)

生年月日:1984年2月27日生まれ(36歳)

出身地:北海道札幌市

身長 体重:184cm 73kg

血液型:O型

宮尾俊太郎さんは幼少期からバイオリンを学び、中学生時代に絵画に出会い絵描きを目指していました。

14歳のときに、熊川哲也さんのCMでバレエの世界観に魅せられ、バレエを始めます。

17歳のときフランスにバレエ留学、帰国後に20歳で熊川哲也さん率いる「Kバレエ」に入団。

「Kバレエ」のプリンシパル(最高位ダンサー)に昇格し、多くのバレエ作品に出演。

2014年12月ローラン・プティ熊川哲也のために創作した「ボレロ」踊り、テレビ東京で生放送されました。

2014年3月、自らが座長を務めるBallet Gentsを発足

2019年9月、Kバレエの常任振付師に就任。

「バレエ界の王子」とも呼ばれています。

TVドラマや映画、ミュージカル出演など、様々なメディアでも活躍中。

2008年10月~2010年9月まで「アナザースカイ」の司会をしていたので、記憶にある方もいるのではないでしょうか。


他にも出演作が多くあるので、ご紹介します。

宮尾俊太郎が出演したドラマ

2010年『ヤマトナデシコ七変化』超ナルシスト役

亀梨和也さん主演、手越祐也さんも出演のドラマ。(2010年1月15日~3月19日放送、TBS系)

宮尾俊太郎さんは、女好きの超ナルシスト、森井蘭丸役で出演

当時26歳でした。

2012年『レジデント〜5人の研修医/6話』患者役

美山しずく(仲里依紗さん)を含む5人の研修医の奮闘記で、宮尾俊太郎さんは6話にゲスト出演。(2012年11月22日放送)

研修医・陽菜子(大政絢さん)の病院に入院してくる、余命わずかな患者・赤城雄太役

当時28歳でした。

2014年眠りの森』バレエダンサー役

阿部寛さん主演「新参者」シリーズの新春ドラマスペシャル 、“新参者”加賀恭一郎「眠りの森」。(2014年1月2日放送、TBS)

宮尾俊太郎さんは、高柳バレエ団のエース・紺野健彦 役で出演

当時29歳でした。

2015年『表参道高校合唱部!』医者役

芳根京子さん出演のドラマ。(2015年7月17日~9月25日、TBS)

宮尾俊太郎さんは、主要メンバーの快人(志尊淳さん)の主治医・服部医師 役

当時30歳でした。

2016年『IQ246〜華麗なる事件簿〜』刑事役

織田裕二さん主演のTBS日曜劇場ドラマ。(2016年10月16日~12月18日放送)

宮尾俊太郎さんは、刑事・山田太郎役でレギュラー出演

当時31歳でした。

2018年『下町ロケット』エンジニア役

阿部寛さん主演のドラマで、2018年版「ヤタガラス編・第8話」に出演。(2018年12月2日放送、TBS)

宮尾俊太郎さんは、ベンチャー企業「ギアゴースト」の中堅エンジニア・堀田文郎 役

当時33歳でした。

宮尾俊太郎が出演した映画

2010年『花のあと』武士役

原作:藤沢周平の時代劇。

宮尾俊太郎さんは、主人公・以登(北川景子さん)がひそかに思いを寄せる相手、江口孫四郎 役で出演

当時、北川景子さんと熱愛報道がでましたが、すぐに破局したとか。

宮尾俊太郎が出演したCM

CMでは、宮尾俊太郎さんのダンサーとしての魅力が出ているものばかりです。

2008年『たかの友梨ビューティクリニック』米倉涼子さんと共演

米倉涼子さんと「エビータ」をモチーフにタンゴを踊るCM。

2010年『キリン氷結』深田恭子さんと共演

 深田恭子さんと共演した「氷結」シリーズ作。

「アイスウォッカ登場」篇  

「10年目のセレブレーション」篇

「プロポーズ」篇

「ナギサさん」では心優しいイケメン医者・肥後先生役の宮尾俊太郎さん。

バレエダンサーとしても、今までの作品の中でも、凛としたかっこいい役が似合っています。

これからも宮尾俊太郎さんから、ますます目が離せませんね。

 

スポンサードリンク