ニュース

羽田雄一郎参院議員の死因はコロナ!糖尿病・高脂血症・高血圧の基礎疾患

羽田雄一郎

立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長が27日、東京都内で死去というニュースが入ってきました。

羽田雄一郎さんは53歳ということで、ネットでは若すぎるので死因を気にする声が相次いでいます。

今回は、羽田雄一郎さんの死因の情報について書いていきます。



スポンサーリンク

羽田雄一郎の死因は刺殺・交通事故?

立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長が27日、東京都内で死去というニュースが入ってきました。

羽田雄一郎さんは、長野選挙区選出から当選5回、民主党政権では国土交通相を務めています。

羽田雄一郎

父は故・羽田孜元首相。

羽田雄一郎の父 羽田孜

死去のニュースで死因が同時に発表されない場合、死因が気になりますね。

しかも羽田雄一郎さんは53歳と若いのでなおさらです。

 

羽田雄一郎さんの死因については、「自宅前で刺殺」「交通事故」「議員宿舎で死去」という情報が錯そうしました。

これらの情報は、いずれもWikipediaの書き込みからくるデマだったようです。

ネットでは怒りの声も上がりました。

死因が特定されないうちにWikipediaに情報が上がると、混乱してしまいますよね。

きちんと情報が確定してから載せてほしいと思います。

羽田雄一郎の死因はコロナ!糖尿病・高脂血症・高血圧の基礎疾患

新しい情報として「都内の病院に救急搬送された後、息を引き取った」そうです。

政界関係者によると、同日、都内で行われた会合に出席し、会場を後にし車に乗り込む際に足元がふらつき、体調不良を訴えてその場で倒れたという。その後、都内の病院に救急搬送されたが、息を引き取った。永田町関係者は「数日前から体調を崩し、PCR検査を受ける予定があったという話も聞きました」と語っている。

引用:スポニチAnnex

「会合に出席し、車に乗り込む際に足元がふらつき、体調を不良を訴えてその場で倒れた」とありますね。

PCR検査の予定があったということなので、最初からコロナの疑いもあったということになりますね。

そのため、死因を発表するのが遅れたのかもしれないですね。

 

12月28日になって、死因が「コロナ」と特定されました。

会合に出席したというのも誤報だったようです。

12月24日に発熱、25.26日は自宅で過ごし、27日に病院に行く途中に意識を失って搬送先の東大病院で亡くなったそうです。

 

「内臓疾患があった」というコメントもありました。

内臓疾患については、「糖尿病、高脂血症、高血圧の基礎疾患があった」ということでした。

検視の結果、新型コロナに感染していたことがわかった。羽田氏は糖尿病、高脂血症、高血圧の基礎疾患があったという。

引用:読売新聞オンライン

情報がかなり錯そうして、混乱していました。

ニュースのでどころは、複数のサイトで確認した方がよさそうですね。

羽田雄一郎の嫁
【顔画像】羽田雄一郎の嫁(妻)は元CAで子供は息子2人と娘!父は元首相の羽田孜羽田雄一郎さんが12月27日にお亡くなりになりました。 53歳ということで、まだまだお若く残念ですね。 今回は、羽田雄一郎さ...