ドラマ・映画

アシガール・唯の弟役(たける)は誰?下田翔大で現在は引退していた!

2017年のNHKドラマ「アシガール」が再放送しています。

唯(黒島結菜さん)の弟役・たけるが、姉のタイムスリップを手助けする天才発明家ぶりと、かわいさが話題ですね。

今回は、弟役の下田翔大(しもだ しょうた)さんについてご紹介します。

スポンサードリンク



唯の弟役(たける)は下田翔大

唯の弟役は、下田翔大(しもだ しょうた)さん。

2002年7月9日生まれの17歳、東京都出身です。

2017年9月~12月の連続ドラマ放映時は15歳、中学3年生

翌年の特別編、2018年12月24日「アシガールSP」の時は、高校1年生でした。

弟・たけるは引きこもりの天才発明家で、姉の唯が困ったら助けてくれる存在。

メガネの下の目がクリクリで、ハリーポッターみたいでかわいいです。

こんな弟がほしいですよね!

スポンサードリンク



下田翔大の出演作

下田翔大さんは、幼少から読者モデルをしていました。

4歳の時、2007年『第2回スターキッズオーディション』で審査員特別賞を受賞

オーディションを主催している「アミューズ」に所属し芸能活動を始めます

ドラマ、映画、CMなどに出演しているので、その中から一部をご紹介します。

2014年/映画『世田谷区, 39丁目』

2014年3月8日公開のSF短編になります。

下田翔大さんは当時小学5年生で、主人公・航役で出演。

右隣は浜辺美波さんですが、二人ともとてもかわいいですね。

2015年/映画『くちびるに歌を』

「第8回東京新聞映画賞」の受賞作で、新垣結衣さん演じる合唱部顧問と15歳の生徒たちの物語。

2015年2月28日公開で、撮影は2014年7月から約2か月行っています。

下田翔大さんは当時小学6年生ですが、「中学校で一番小柄」の桑原サトル 役をしています。

桑原サトルには自閉症の兄がいて、自分が生まれてきたことに負い目を持っているという役です。

ネットでは「下田翔大さんがよかった」との声が多くありました。

2017年/劇場アニメ『夜明け告げるルーのうた』

2017年5月19日公開。

思春期特有のモヤモヤした感情を持つ少年が、人魚のルーと出会い、変わっていく物語です。

下田翔大さんは、カイ役で出演。(谷花音さんとW主演)

【現在】下田翔大は引退していた

下田翔太さんは、2017年「アシガール」時は中学3年生で、撮影後は受験もあり一度芸能活動を中止したと思われます。

翌年2018年高校1年生になり、同年12月24日のドラマ「アシガールSP」にも出演。

「アミューズ」を辞めた下田翔大さんは、2019年「ソニーミュージックアーティスツ」に所属し、芸能活動再開か?と思われていました。

ですが、2020年現在、ソニーミュージックアーティスツのHPには名前がありません

「アシガール」以降の仕事が確認できなく、残念ながら現在は引退しているようです。

高校3年生なので大学受験などの関係で、事務所に所属せずにすっぱり芸能活動から離れているかもしれないですね。

ちょっと一癖ある役が似合って、イケメンに成長していた下田翔大さん。

またどこかで演技が見れるといいですね。

スポンサードリンク